手紙屋@文学フリマ


by tegamiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ご挨拶

文学フリマ【手紙屋】の公式サイトへようこそ

----エーミールの蝶は誰のもの?----

はじめまして【手紙屋】です。
【手紙屋】は文学同人誌の即売会である文学フリマにて,
手書きの手紙を販売しているサークルです。
第15回文学フリマ
第16回文学フリマin大阪(第一回文学フリマ大阪)
第17回文学フリマ東京
第二回文学フリマ大阪
第三回文学フリマ大阪
に出店しました。

詳細は以下の続きの記事をご覧下さい。



他人宛の手紙を漁って手に入れて,
それをこっそりと読む。
そんな文学的耽美経験をお届けしようと思い,
こういう活動を始めました。

1通1通手書きしているため,
全ての作品が世界で1つしか存在しません。
1通の手紙が1つの物語を成しています。

なおこの活動のコンセプトは他人宛の手紙を漁ることにあります。
これはヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』から想起しました。

-----------------------------------------------
ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』

チョウはもう乾いていたので,
形は崩れなかった。
ぼくはそれをてのひらに載せて,
エーミールの部屋から持ち出した。
その時さしずめぼくは,
大きな満足感のほか何も感じていなかった。

高橋健二 訳
-----------------------------------------------
[PR]
by tegamiya | 2016-09-18 11:00 | はじめに